昨日・今日・明日
カテゴリ
information
profile
diary
song
works
contact
最新の記事
oooqqe
at 2017-05-28 18:34
HOPKENで井上智恵トリオと
at 2017-05-23 17:47
文房具を使って
at 2017-05-05 12:20
ffafa
at 2017-03-27 22:31
2人の古賀さん
at 2017-03-11 11:24
以前の記事
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
oooqqe
5月8日
みさこと練習

5月15日
みさこと練習
ドンキホーテを読み終わる。会う人にすぐドンキホーテの話をしてしまうようになる。

5月19日
図書館で「嘆きのテレーズ」「キートンの蒸気船」を早送り鑑賞

5月20日
みさこと練習。はじめてのスタジオだったけど、マイクが用意されていてやりやすかった。だいたいきれいなスタジオはドラムのチューニングが高い。
「裏窓」鑑賞

5月23日
ポール・オースター「リヴァイアサン」読み終わる。
3時くらいにHOPKENについた。リハーサルでは稲田さん井上さんといっしょにアレンジを考えていった。対バンはしたことあるけど、今までぼくはいつも聴いてる人だったからいっしょに演奏することをかなり重く考えていたけど、そのような不安を演奏のたのしさがかなり上回った。稲田さんは曲を聴いてきてくれていて、すぐにいろんなことが決まっていった。井上さんも2曲の予定だったのに5曲くらいに参加してくれることになった。井上智恵トリオがリハーサルをしているあいだに1階でごはんを食べた。ほんとうにおいしくて、この料理がもう食べられなくなるのは惜しいことだと思いました。井上智恵トリオのライヴは、いつもどおりすごかった。何年たってもこういう音楽は他にない。自分たちはとてもたのしくできた。みさこちゃんと2人だけの曲も練習のときに感じていた成り立ってなさのようなものはほとんど感じなかった。これはスタジオに2人で4回も入った練習の成果なのかもしれない。ここ何年かのライヴは練習不足の状態ばかりだった。演奏中にみんなが聴いてくれてることが伝わってきて、それに反応して声が出たり、手が動いたりということがどんどん続いて曲が進んでいってることを感じた。これがレコ発か…とわかったような気がしました。今回のライヴのことをレコ発と言われることに少し反発があった。だからチラシにもそういうことは書きませんでした。チャックスーは、ただバンドをやってるだけ、ということをやりたいから、ライヴも、ただ演奏してそれを聴いて見てもらうだけでいいし、CDもできた曲をただ録音しただけだし、それで終わりにしたいと思っていたからです。もしくは、バンドを続けていくために節目のようなものをできるだけ作らないようにしたいからです。でもよく考えたらライヴが1年に2回とかのペースの活動では、すべてのライヴが節目になるような演奏をしないと、だれもきいてくれないし、そんなバンドやりたくない。チャックスーがアンコールを受けたのは初めてだった。そういう節目でした。杉本さんがよかったと言ってくれてほっとしました。帰りぎわに加納さんとドラムのことについて話したのがおもしろかった。「なんか適当にたたいて」が困る頃、とか。稲田さんが家まで送ってくれて、なにからなにまでありがたかった。聴いてくれた人、ほんとうにありがとうございました。


5月27日
朝、歯医者。HOPKENラスト はじまる前に公園で本を読んでいたら10歳くらいの女の子が外国語(たぶんスペイン語?)で泣きながら電話で話していた。助けたかった。

5月28日
脚立を洗う。
旅行にいるもの買ったりとか
[PR]
# by 51bm | 2017-05-28 18:34 | diary | Comments(0)
HOPKENで井上智恵トリオと
2017年5月23日火曜日
井上智恵トリオ
chuck sue


open 19:30 start 20:00
HOPKEN大阪府大阪市中央区北久宝寺町2-5-15
2000円(+1drink)
e0186114_1222012.jpg

延期になっていた井上智恵トリオとの2マンの日程が決まりました。よろしくおねがいします。
[PR]
# by 51bm | 2017-05-23 17:47 | information | Comments(0)
文房具を使って
去年ロルバーンの手帳とノートの間くらいのサイズのやつを買って、今年からバンドに関すること(歌詞、練習の反省、次のアルバムに関するアイデア、ライブのセットリストなど)を全部書くようにしている。読んだ本のことも書いている。書いていかないと前に進まないし、振り返れないし、どこへもいけないような感じがするから。
ドン・キホーテ読んでる。前篇が3巻後篇が3巻。後篇のメタ構造がすごい。読者の感想がすべて作品の中に書かれている。
4月15日クーリンチェ少年殺人事件を見た。よかった、スーの走り方には共感するしかない、わすれがたい、また見たい。4月23日「恐怖分子」は鑑賞。4月25日会社終ってからみさこちゃんと練習した。みさこちゃんのドラムの音とリズム感、それからハイハットをシーってするタイミングとかがよかった。4月29日こんがりおんがく祭。ライブははじめてだったイースタンユースがめえちゃくちゃかっこよくて感動した。全部よかった。4月30日中央図書館で淀川長治ベスト1000をまた借りた。全部見たらなにかわかる?5月3日台所の壁を変革中だけどぼくは応援だけして手伝ってなくて、ドン・キホーテ読んでる。猫の居場所を変えた。
[PR]
# by 51bm | 2017-05-05 12:20 | diary | Comments(0)
ffafa
「ウォーターメソッドマン」上巻の最後はめちゃくちゃ笑ったけど、下巻のはじまりは切なすぎて大変だった。最後の100ページくらいは登場人物が自分の友達のように感じられて休まず読んだ。
「キャッチャー・イン・ザ・ライ」最初は主人公がいやなやつだなあと思ってたけど、だんだん共感できるところもでてきたり、行く末がすごく心配になったりした。さわやか。

映画
「80日間世界一周」休憩がある
「ガンジー」休憩がある


3月11日
hitotoでちょっと歌いました

CDの棚つくった。ながいけど全部はいらなかった。

どてらがびりびりになってきている

山下くんと三田で練習。「ひとつめ」という新しい曲がだいたいできた。「最近、古典のすごさおもしろさがわかってきた」と山下くんが言うので(ぼくもドン・キホーテとか読もうと思ってるよ!)と思ったら、「徒然草とか、日本書紀とか…」古典だった。
[PR]
# by 51bm | 2017-03-27 22:31 | diary | Comments(0)
2人の古賀さん
2月25日
チャックスー練習。新曲にとりかかる。ちゃんとかたちにならなかったけど、今までにつくった曲も最初はそうだったからじっくりやるしかない。

3月4日
会社に先生がきて、みんなで親に手紙を書いた。みんなあんまり書いてなかった。ぼくは2枚書いて、まだ言葉があまるほどだった。ずっと書いてたら見つかって、みんなの前で読むことになった。読み終わって先生の顔を見たら、涙が目にたまっていてびっくりした。頭の中にあることをまっすぐに手とボールペンに伝えて言葉にできたんだな、と思った。そういうことを人間はできるということを今発見した。
夜はHOPKENに行った。てんしんくんのウクレレのあつかいがひどくておもしろかった。古賀さんのソロははじめて見たけど、これは古賀さんの工夫を見せてくれているのだ、と思った。古賀さんのだんなさんとははじめて話したし、しかもほんの少しだったけど、もしも高校や中学で同じクラスだったら仲良くなれただろうし、今その頃思い出す恥ずかしさも少しはましになるような影響を与えてくれただろうなというような印象でした。

3月5日
昼おこのみやき。夜ティーンエイジファンクラブを見た。おさえた演奏、とにかくおさえる、そこからメッセージを受け取らないのが不可能なほど、普通のバンドによる普通のライブだったと思う。バンドつづけるぞ!って決めました。揚子江ラーメン


ポール・オースター「ムーン・パレス」を読み終わった。とてもおもしろかった。心に残る場面がたくさんあった。
[PR]
# by 51bm | 2017-03-11 11:24 | diary | Comments(0)