昨日・今日・明日
XML | ATOM

skin by 51bm
しゃいにんぐ
7月12日
「バックトゥザフューチャーPART2」鑑賞。めちゃくちゃおもしろかった。

7月15日
国会のニュースにいらつく。でも勉強不足すぎてそのいらつきがどうなのか、と思ったりするけどいらつく。いらついてたら狙ってたアロハのヤフオクが終わってた。

7月18日
作詞。ストーリーに感動したいのか否定したいのかよくわからない。

7月19日
作詞。アロハ購入。「シャイニング」鑑賞。めちゃくちゃおもしろかった。

7月20日
起きてから登場するときに使うCDをツタヤに借りに行った。DVDがいつも100円だからそのくらいかなーと思ったら350円もしてびっくりした。特急で桂で準急に乗り換えないと行けないのに忘れてて烏丸まで行ってしまってバスめちゃくちゃ時間がかかった。ゆすらごについたらもう他の二人はいて、最後にいっしょにやる曲の練習をした。間近で聴く二人の歌声はほんとうに歌手みたいというか、魅力的ななにかがぎゅっとあってすごいと思っていた。リハーサルのときに僕の歌声が加藤和彦に似ているという話から黒田さんが加藤和彦が亡くなったときの追悼特集の本を持ってきてくれてちょっと読んだらすごくおもしろかった。ライブの最初は原田くんで、バンホーテンは夏に聴いてもいい曲だった。バンホーテンは原田くんに何かの何パーか払ってもいいと思う。あとメロンとメロンパンつづけてやったのもよかった。つぎはぼくだった。アロハに着替えて公園に潜む。足の蚊をたたき殺した。CASIOの小豆の方がサーッと公園に登場してブランコをこぎ出した。登場の合図の携帯電話がなったので茂みからボンっと飛び降りたが店の中から見える位置じゃなかった。登場してからサングラスをかけるのをわすれてて慌ててかけた。1曲目でいきなりギターの抑えるフレットをまちがえてしまった。でもマイクを通して歌うのがとても気持ちよくてたのしくできた。作ったばかりの曲で歌詞を何回かまちがえたのが悔しかった。つぎはてんしんくんだった。INUのカバーには虚をつかれた。てんしんくんのライブは笑いそうになるときがあるけどその何秒後かにほんとうは笑ってる場合ではないとてもシリアスなことが起こったよね今、と思う。今回は司会とBGMをしてくれたCASIOトルコ温泉のライブは何回か見たことあるけど、最高のグループだと思う。グループ感に憧れる。DJは曲がつぎにうつるとこで曲と曲がまざってグニャーってなるところがとてもよかった。最後はみんなでゆずとPUFFYを歌いました。アロハ勝負はてんしんくんが優勝だった。また負けてしまった。次は勝ちたい。ゆすらごのごはんはほんとうにおいしい。みんなが自分の演奏を聴いてくれてうれしかったです。前とちがう曲をやりたくて、4曲レパートリーが増えてよかった。きてくれた方、原田くん、てんしんくん、CASIO、ゆすらご、どうもありがとうございました。またがんばります。もっとやりたい。

?(ふいうち改)
メモ魔先生
?(おれになつく犬はいない)
辞書と電卓
Bill will release CDR
?(つめ切りが要るほどの旅)
ラッキーボーイ
Peacock Song
バースデイつゆ
パイプ椅子


7月21日
ヤフオクのウォッチリストからアロハシャツを削除しまくる。

7月25日
みさこちゃんと練習。このバンドの音楽とは一体なにかという話ができてよかった。練習中に知らない人がいきなり入ってきて「メンバー募集してないですか?」てきかれたからしてないです、と断った。24歳で楽器もバンドも経験がないけどこれからボーカルをやりたいらしい。しょうがないから1曲やってみせたら「かっこいい…これがバンドなんですね…メジャーデビューできたらいいですね!」と行って帰っていった。喫茶イノで昼食。マッドマックス鑑賞。めちゃくちゃおもしろかった。

# by 51bm | 2015-07-25 23:53 | diary | Comments(0)
ライブ予定
ソロのライブがあります。

7月20日(月・祝)
『僕の勝負アロハ』
てんしんくん
福西悟一
原田晃行 (Hi, how are you?)
場所:喫茶ゆすらご(京都市上京区仁和寺街道七本松西入二番町)
開場15:00/開演16:00
1500円+1d




# by 51bm | 2015-07-20 01:02 | information | Comments(0)
faaaaaaaa
金曜日はchuck sueの録音ちょっと進めた。tuk tukのイントロ。かなり時間かかったけど、考えてた感じ以上にはできたからよかった。

昨日は古着屋を見たり歯医者に行ったりした。服はテキトーに安く、たまに高いやつを買いたい。「ファッション」という言葉さえ知らないような状態を保たなければならない。

前回と半分はセットリスト入れ替えたいと思って、練習したり、あたらしく作ったりする。歌詞を考えるのはたいへん。最初の2行くらいで言いたいこと終わってしまうことが多すぎて困る。

わらび餅たべた。映画観にいくかどうかあーって考えていかなかった。来週ちゃんとやる曲決まってたら行く。
# by 51bm | 2015-07-12 23:41 | diary | Comments(0)
ffffff
7月5日
ピンポン食堂でひるごはん。夜、ceroを見に行く。とてもよかった。

7月7日
作りかけの曲をさしおいて新しい曲がぽん、とできた。

7月8日
「ハワイ」キーボードをダビング。



# by 51bm | 2015-07-09 23:57 | diary | Comments(0)
つめ切りがいるほどの旅
6月19日(金)
仕事終わって帰宅、風呂、出発

6月20日(土)
ドーハでのりかえ。外の気温は35℃とかだったけど、飛行機からバスに乗る30秒くらいしか外気に触れなかった。そのくらいの時間だとカーディガンを着ていても耐えられる。砂漠がつづく
ブダペストに到着。着陸する前は小さい家がたくさん見えた。空港から駐車場に向かう道にスモークツリーが生えていた。ホテルで少し休んで、歩いてうろうろしてみる。ハンバーガーを食べてなにも買わずにホテルに帰る。明るいうちに寝た。

6月21日(日)
朝食ごまのパンとかいろいろ。地下鉄の1週間チケットを手に入れる。ガイドブックに載っているよりも高かった。これでトラムとかバスとか全部乗れる。乗ってみると改札がなくて、人がチェックしていた。エスカレーターがめちゃくちゃ速い。市民公園のフリーマーケットに行った。よくわからないレコードをいろいろ買った。芝生を犬が走り回っていた。それからデアーク広場の近くの貸してもらった雑誌に載っていた店にいこうとしたら、途中でレコード屋の看板が出ていたので寄った。ロックとジャズとクラシックが同じくらいの量の店だった。ポーランドのよくわからないシングルを3枚買った。流行ってそうな店でスパゲッティを食べる。炭酸水を買う。ホテルに戻ったらまた暗くなる前に寝てしまった。

6月22日(月)
朝食の楽しみがわかってきてめちゃくちゃ食べる。動物園に行く。ほとんどの動物が寝ていた。アリクイは能力を形にしすぎててやばいと思った。中央市場によってホテルで休憩してから地下鉄でブダペスト東駅へ行ってウィーン行きの乗車券を買った。窓口が終わりの時間になりそうだったけど、横にいたでかい男の人が余ってた整理券をくれて10人くらい順番抜かしでなんとか間に合ったけど、ぼくの英語が遅いので窓口の女性がいらいらしててめちゃくちゃこわかった。「きょうのできごと」を読み終わった。来るときに乗った電車が出てきた。

6月23日(火)
雨。国会議事堂を見に行く。横にある民俗博物館に入る。備え付けのプレイヤーで聴いたユダヤの民謡がとてもよかった。ユーロに両替。午後から調べていたレコード屋に行った。入るとおじいさんが4人いた。いろいろかけてもらって買った。

6月24日(水)
ブダペスト東駅。ピザトリオでピザを買って食べる200f。電車に乗り込んでみるとエコノミークラスだけど指定席ばかりのようで、自分は乗車券は買ったけど座席の予約はできていないということがわかった。窓口のこわかった女の人がめんどくさがったからだと思う。近くにいた警察にどの車両に乗ればいいのかきくと、この電車はウィーンに行くから乗れよ、としか教えてくれない。しかたなく立ったまま出発するのを待って空いている席に座った。途中の駅で乗ってきた人が、自分が座っていた席を予約していたらしく、他の席に移動した。3時間かかてウィーンについた。すぐに地下鉄U3に乗ってなんたらかんたらという駅で降りた。歩いていると「フンデルトヴァッサー?」といきなり声をかけてきて、道を教えてくれた。フンデルトヴァッサーハウスにはすぐにたどりつけた。おなかがすいたのとトイレにいきたくなったのとで、日本?中華?レストランに入ったけどぜんぜんおいしくなくて落ち込んだ。すぐにユーロはなくなってしまった。クンストハウスウィーンでフンデルトヴァッサーの絵を見て、また地下鉄で西駅に戻った。駅のホームにあった自販機に残りのユーロを入れてHARIBOを買った。

6月25日(木)
センテンドレに向かう。郊外電車に乗るために歩いている途中で見つけた道が雑貨屋さんや三角のバルコニーのマンションなどがあってよかった。郊外電車の始発駅が工事中で次の駅までバスに乗らなければならなかった。郊外電車からの風景はボロボロの家がたくさん見えてよかった。センテンドレではピザを食べた。おみやげ屋がいっぱいあって京都の清水道みたいだった。もどってきて休憩してからオクトゴンのレコード屋にまた行った。50フォリントのシングルを10枚くらいとLPを2枚買った。「サヨナラじゃなくて(「じゃなくて」という意味のなにか)…………アリガト」といってくれた。ちゃんと会話できているのかわからないけど、うれしかった。

6月26日(金)
セーチェニ温泉につかる。やはりガイドブックに載っているよりも高くなっていた。帰りに地下鉄に乗ると昨日念入りにお別れしたはずのレコード屋のおやじがのっていてびっくりした。今からコダーイのミュージアムに行くと言うと「コダーイは好きじゃない」とのこと。バルトークは好きらしい。地下鉄の中はとてもゴーゴーうるさくてうまく会話できなかったのでまちがってる可能性がかなり高いけど、コダーイは民謡を収集して整理しただけで、バルトークのように可能性を広げた、というような理由を話していたような気がする。ぼくはどっちの音楽もよく知らない。別れ際にぼくが好きな日本のミュージシャンを書いた紙をわたしたけど、返された。コダーイミュージアムは古いマンションのようだった。アポイントが必要で入れなかった。立ってみていたら住人と思われる白いおばあさんが出てきた。デアークを少しうろうろしてハンバーガーを食べる。レコード屋のおじさんに渡せなかった紙は古着屋のフライヤー置場に勝手に置いてきた。

6月27日(土)
空港まで送ってくれるドライバーは来たときとちがう人だった。買った水を数分後に入国審査で没収された。飛行機でうしろの席の親子がすごい勢いでタッチパネルを押すのでヘッドレストががくがくするから、もっとソフトに、と英語でお願いしたらやめてくれてよかった。

6月28日(日)
ドーハで6時間くらい待つ。カフカの「変身」を読む。日本に向かう飛行機の中では映画は見なかった。空港についてお茶を買って飲んだらおいしかった。電車から外を見て「きょうのできごと」に出てくる景色はこのあたりだな、と思った。

犬を連れてる人はやさしく道を教えてくれるけどだいたいまちがってた旅だった。それから旅行の間、毎日寝る前にピンクフロイドの炎を聴いていた。聴く度に涙が出そうなくらい感動した。今までとくに好きだったわけでもなく、というか、どんな内容だったかほとんど記憶にないレコードだけど、少し前になんとなくiPhoneに入れたのだった。

言葉が通じない恐怖はあるけど、のんびりできてたのしかった。いつかまた行きたいです。
# by 51bm | 2015-07-09 23:34 | diary | Comments(0)