昨日・今日・明日
カテゴリ
information
profile
diary
song
works
contact
最新の記事
野郎 September L..
at 2017-09-29 22:12
hksjo
at 2017-07-02 13:01
oooqqe
at 2017-05-28 18:34
HOPKENで井上智恵トリオと
at 2017-05-23 17:47
文房具を使って
at 2017-05-05 12:20
以前の記事
2017年 09月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:diary( 156 )
hksjo
5月30日
リュックサック購入。アウトドアプロダクツ

6月3日
台北旅行。雨。中正記念堂、寺、など、ずっと雨だった。きゅうふん、修行みたいな雨だった。ホテルの横で変な劇やってた。

6月4日
ホテルで朝食。あとで、外で食べればよかったと思った。昼まで自由行動時間。地下鉄に乗ってクーリンチェを目指した。交差点で足がない女の子が歌っていた。口パクだったので、素通りした。たぶんこのへんクーリンチェというあたりをうろついてもどってきたら、女の子はまだ歌っていた。今度はなぜか口パクじゃないかも?と思えた。やはり素通りした。それからまた地下鉄に乗って、いろんなところを歩いた。ノートを買った。散髪したかった。集合してから、またすこし待ち時間があったので一人で小さい食堂に入って、汁なしの麺を食べた。白い犬がうろついていた。今回の旅行で一番いま台湾にいるなー、と思った時間だった。空港に戻るバスの中でなにか歌の女の子に口パクとか裏に悪い大人がいるかもとかどうでもいいからほどこしをしたほうがよかったのか、どうなのか考えた。

6月10日
歯医者。「台北ストーリー」鑑賞。

6月11日
ボブディランの「ノー・ディレクション・ホーム」ちょっとずつ鑑賞。ボブ・ディランの最初の時代の魅力がわかった。

6月17日
FOLKで柴田聡子さんのライヴ。今まで見た中で一番よかった。CDもめちゃくちゃいい、毎日ききます。

6月18日
小田島等さんの展示みにいく。めちゃくちゃよかった。
夜「惑星ソラリス」。タルコフスキーはじめてだった。30秒の無重力シーンが最高だった。
[PR]
by 51bm | 2017-07-02 13:01 | diary | Comments(0)
oooqqe
5月8日
みさこと練習

5月15日
みさこと練習
ドンキホーテを読み終わる。会う人にすぐドンキホーテの話をしてしまうようになる。

5月19日
図書館で「嘆きのテレーズ」「キートンの蒸気船」を早送り鑑賞

5月20日
みさこと練習。はじめてのスタジオだったけど、マイクが用意されていてやりやすかった。だいたいきれいなスタジオはドラムのチューニングが高い。
「裏窓」鑑賞

5月23日
ポール・オースター「リヴァイアサン」読み終わる。
3時くらいにHOPKENについた。リハーサルでは稲田さん井上さんといっしょにアレンジを考えていった。対バンはしたことあるけど、今までぼくはいつも聴いてる人だったからいっしょに演奏することをかなり重く考えていたけど、そのような不安を演奏のたのしさがかなり上回った。稲田さんは曲を聴いてきてくれていて、すぐにいろんなことが決まっていった。井上さんも2曲の予定だったのに5曲くらいに参加してくれることになった。井上智恵トリオがリハーサルをしているあいだに1階でごはんを食べた。ほんとうにおいしくて、この料理がもう食べられなくなるのは惜しいことだと思いました。井上智恵トリオのライヴは、いつもどおりすごかった。何年たってもこういう音楽は他にない。自分たちはとてもたのしくできた。みさこちゃんと2人だけの曲も練習のときに感じていた成り立ってなさのようなものはほとんど感じなかった。これはスタジオに2人で4回も入った練習の成果なのかもしれない。ここ何年かのライヴは練習不足の状態ばかりだった。演奏中にみんなが聴いてくれてることが伝わってきて、それに反応して声が出たり、手が動いたりということがどんどん続いて曲が進んでいってることを感じた。これがレコ発か…とわかったような気がしました。今回のライヴのことをレコ発と言われることに少し反発があった。だからチラシにもそういうことは書きませんでした。チャックスーは、ただバンドをやってるだけ、ということをやりたいから、ライヴも、ただ演奏してそれを聴いて見てもらうだけでいいし、CDもできた曲をただ録音しただけだし、それで終わりにしたいと思っていたからです。もしくは、バンドを続けていくために節目のようなものをできるだけ作らないようにしたいからです。でもよく考えたらライヴが1年に2回とかのペースの活動では、すべてのライヴが節目になるような演奏をしないと、だれもきいてくれないし、そんなバンドやりたくない。チャックスーがアンコールを受けたのは初めてだった。そういう節目でした。杉本さんがよかったと言ってくれてほっとしました。帰りぎわに加納さんとドラムのことについて話したのがおもしろかった。「なんか適当にたたいて」が困る頃、とか。稲田さんが家まで送ってくれて、なにからなにまでありがたかった。聴いてくれた人、ほんとうにありがとうございました。


5月27日
朝、歯医者。HOPKENラスト はじまる前に公園で本を読んでいたら10歳くらいの女の子が外国語(たぶんスペイン語?)で泣きながら電話で話していた。助けたかった。

5月28日
脚立を洗う。
旅行にいるもの買ったりとか
[PR]
by 51bm | 2017-05-28 18:34 | diary | Comments(0)
文房具を使って
去年ロルバーンの手帳とノートの間くらいのサイズのやつを買って、今年からバンドに関すること(歌詞、練習の反省、次のアルバムに関するアイデア、ライブのセットリストなど)を全部書くようにしている。読んだ本のことも書いている。書いていかないと前に進まないし、振り返れないし、どこへもいけないような感じがするから。
ドン・キホーテ読んでる。前篇が3巻後篇が3巻。後篇のメタ構造がすごい。読者の感想がすべて作品の中に書かれている。
4月15日クーリンチェ少年殺人事件を見た。よかった、スーの走り方には共感するしかない、わすれがたい、また見たい。4月23日「恐怖分子」は鑑賞。4月25日会社終ってからみさこちゃんと練習した。みさこちゃんのドラムの音とリズム感、それからハイハットをシーってするタイミングとかがよかった。4月29日こんがりおんがく祭。ライブははじめてだったイースタンユースがめえちゃくちゃかっこよくて感動した。全部よかった。4月30日中央図書館で淀川長治ベスト1000をまた借りた。全部見たらなにかわかる?5月3日台所の壁を変革中だけどぼくは応援だけして手伝ってなくて、ドン・キホーテ読んでる。猫の居場所を変えた。
[PR]
by 51bm | 2017-05-05 12:20 | diary | Comments(0)
ffafa
「ウォーターメソッドマン」上巻の最後はめちゃくちゃ笑ったけど、下巻のはじまりは切なすぎて大変だった。最後の100ページくらいは登場人物が自分の友達のように感じられて休まず読んだ。
「キャッチャー・イン・ザ・ライ」最初は主人公がいやなやつだなあと思ってたけど、だんだん共感できるところもでてきたり、行く末がすごく心配になったりした。さわやか。

映画
「80日間世界一周」休憩がある
「ガンジー」休憩がある


3月11日
hitotoでちょっと歌いました

CDの棚つくった。ながいけど全部はいらなかった。

どてらがびりびりになってきている

山下くんと三田で練習。「ひとつめ」という新しい曲がだいたいできた。「最近、古典のすごさおもしろさがわかってきた」と山下くんが言うので(ぼくもドン・キホーテとか読もうと思ってるよ!)と思ったら、「徒然草とか、日本書紀とか…」古典だった。
[PR]
by 51bm | 2017-03-27 22:31 | diary | Comments(0)
2人の古賀さん
2月25日
チャックスー練習。新曲にとりかかる。ちゃんとかたちにならなかったけど、今までにつくった曲も最初はそうだったからじっくりやるしかない。

3月4日
会社に先生がきて、みんなで親に手紙を書いた。みんなあんまり書いてなかった。ぼくは2枚書いて、まだ言葉があまるほどだった。ずっと書いてたら見つかって、みんなの前で読むことになった。読み終わって先生の顔を見たら、涙が目にたまっていてびっくりした。頭の中にあることをまっすぐに手とボールペンに伝えて言葉にできたんだな、と思った。そういうことを人間はできるということを今発見した。
夜はHOPKENに行った。てんしんくんのウクレレのあつかいがひどくておもしろかった。古賀さんのソロははじめて見たけど、これは古賀さんの工夫を見せてくれているのだ、と思った。古賀さんのだんなさんとははじめて話したし、しかもほんの少しだったけど、もしも高校や中学で同じクラスだったら仲良くなれただろうし、今その頃思い出す恥ずかしさも少しはましになるような影響を与えてくれただろうなというような印象でした。

3月5日
昼おこのみやき。夜ティーンエイジファンクラブを見た。おさえた演奏、とにかくおさえる、そこからメッセージを受け取らないのが不可能なほど、普通のバンドによる普通のライブだったと思う。バンドつづけるぞ!って決めました。揚子江ラーメン


ポール・オースター「ムーン・パレス」を読み終わった。とてもおもしろかった。心に残る場面がたくさんあった。
[PR]
by 51bm | 2017-03-11 11:24 | diary | Comments(0)
複雑な神経
急須を買ってからお茶をたくさん飲むようになりました。

見た映画 「(500)日のサマー」最後のほうの別れのシーンでそれぞれのそれまでの考え方がすれちがうところがよかった。
「男はつらいよ フーテンの寅」
ヒロインの名前がサマーと夏子。

片岡義男「万年筆インク紙」読んでる。この本について、ペンをつかって紙に字を書く事について書かれた文章であると説明すると、その裏側に(コンピューターではない道具を使って)という意味を勝手に汲み取ってしまいそうになる、つまり道具や、手書きの文字に対する愛着について書かれた文章なのかと思いそうになるけど、そうではないようで、そういう角度でものを見たり書いたりしないところが、ぼくが片岡義男が好きな理由だと思う。

ヘミングウェイ「老人と海」読んだ。飲み屋の客引きを無視したくない。毎回すごく強引に声かけてくるのでおもしろくなってきてる。雨やんでるのわかってたけどそのまま傘さして歩いてみたら「言うとくけど雨やんでるで」と声をかけてきたので「ファッションです」と答えた。ちょっとだけ会話が成り立った。知らない人でも無視しないで会話することによってなにかが少しよくならないかな、と思うから無視しない。当然、「こっちから話しかける」という次のステップがある。とても高いステップだけど、確実に次、または次の次のステップとして「こっちから話しかける」が存在しているはず。…そんなことを言ってもぜったい飲みにいくのに3000円使いたくない、1円も使いたくない。じゃあ意味ない。なにも変らない。

2月12日
ゆすらごでライブ。他の4人のライブめっちゃよかった。できかけの、まったく練習してない曲をバスの中で完成させてやった。もっと練習していい曲を作りたい。帰りはゆすらごのふたりが京都駅まで車で送ってくれた。電車のなかで自分のエンターテイン反射神経のなさを反省した。

2月14日
風邪で仕事やすむ。熱があがった。「夫のちんぽが入らない」を読んだ。かつての教え子がきて合宿まで車で送るとこで涙がこぼれかけた。

2月15日
ポール・オースター「シティ・オヴ・グラス」読み終わった。ほんとうに足りないところがなにもない、よけいなものもなにもない、複雑なのにわかりやすくて、謎が多いのに爽快、こんな小説が、小説として存在していて、存在していることを知れて、読む事ができてうれしい気持になった。少し前にアオツキ書房で100円で買った。「幽霊たち」も買ってある。ドン・キホーテはスペイン村のキャラクターのイメージが強い。ドン・キホーテが複雑な構造であることはなんとなく知っていたけど、自分のなかでとても重要なことになった。ドン・キホーテは1605年に出版されたらしい。日本は江戸時代のはじめだ。そんな昔に書かれた話が、、最近1930年代の映画を見てるだけですごいことだなと思っていたのに。しかも、ドン・キホーテは騎士道小説の読みすぎという設定だから、さらに以前に読み過ぎることができるほどの数の騎士道小説が存在しているということになり、、、たいへんだ、歴史の線にはいろんなことが置かれまくっている

2月18日
天王寺から阪堺電軌にのって住之江区へ。浜谷俊輔さんのライブを観た。新しい曲がとてもよかった。浜谷さんの音楽が浜谷さんの音楽が好きだけどまだ知らない人にいつか届きますように。
原田くんと井手さんが自転車でうちにきた。KORGのリズムボックスで遊んだり屋上に上がったりした。自転車で3人でHOPKENへ。2人のライブめちゃくちゃよかった。1曲だけ、白い汽笛といっしょに「カステラ」の演奏に参加させてもらった。ほんとうにいい曲です。

2月19日
寺島さんと井手さんと原田くんとなんばでうどんを食べた。おいしかった。いつもなんばにいるときどこでご飯を食べたらいいかわからなくて困っていたけど、これからはうどんを食べる。
[PR]
by 51bm | 2017-02-19 19:31 | diary | Comments(0)
使い果たす
12月
映画「トイストーリー3」「スミス都へ行く」「ハリーとトント」「キャロル」「ナイト・オン・ザ・プラネット」

12月12日
ゆすらごの大パノラマ

12月23日
サイモン&ガーファンクルの「ブックエンド」にはまる

12月24日
京都えきでミロコマチコさんの展示。外出たらUAのライブやってて見れた。ゆすらごでクリスマス膳。おいしすぎて意味がわからなかった。阿闍梨餅買って食べた。

12月31日
紅白歌合戦ラジオで。

1月2日
高槻

1月5日
風邪がひどくなって早退

1月6日
休む。夜「男はつらいよ」鑑賞

1月7日
京都

1月8日
京都。ゆすらごでカルタ展見る。みんなおもしろかった。バスにのってメトロでLOVERS。たのしかった。

1月9日
「地球に落ちて来た男」鑑賞。悲しい話だった。真面目に生きること。

1月14日
「ザ・ウォーク」鑑賞。

1月15日
山下くんと2人で練習。3曲くらい作れた。

1月21日
四天王寺市。「まもってあげたい」シングル購入。回転焼が生焼けでショックだった。昼阪急で母姉と食べた。タワレコでイーノ「Reflection」購入。ブルク7で「ローグ・ワン」鑑賞。奇跡が起きそうで起きない、ちょっと起きるところに感動しました。

1月22日
HOPKENで昼ご飯。そのあとアオツキ書房まで歩いてポール・オースターとか何冊かと池間由布子さん明るい窓購入。マルカバツでムーンライダーズのアマチュアアカデミーCD持ってなかったので購入。

1月28日
歌詞ができていない曲の歌詞をiPhoneのメモなどを見ながら考える。家の前の道路がガス管の工事。散歩しながら頭の中で歌詞の言い回しを整理する。「使い果たす」「使い果たしたい」「使い果たした」「使い果たせ」いろいろ考えて「使い果たそう」がちょうどいい、と決める。FOLKには4時前についた。吉村さんは家庭の事情で早く帰らないと行けないことになった。原田くん小倉さんとうどんをたべた。星野源がかかっていて、この曲ちょっと好き、ぼくも好き、とか話す。もどっていっしょにやる曲を考える。フィッシュマンズとオザケンに決まる。黒木さんもきた。気が付いたらお客さんがきていた。順番決めていたけど、直前になって1人1曲ずつまわしていく形式にすることになった。たのしかった。真横で小倉さんや原田くんの歌がきけてずっと感動しっぱなしだった。原田くんが「バンホーテン」をやって小倉さんが「レゲエ」をやった後に自分が歌える曲なんかないよ!と思ったけど、なんとか乗り切れた。朝歌詞を考えた曲も「代打高津」っていう言葉が残ったままやってしまったけど、それでいいなと思えた。10周まわって、2時間以上やりました。付き合ってくれたお客さん、原田くんと小倉さんと黒木さんとFOLKに感謝します。黒木さんが絵を描いてくれててとてもうれしかった。打ち上げもたのしかったです。BGMが80年代ポップスで、シャザムが活躍して発見された加藤和彦安井かずみコンビの曲が気になる。土曜日を使い果たしました。

1月29日
ピザを食べた。ジョン・アーヴィング「熊を放つ」を読み終わった。ジギーの自伝の部分がよかった。ヴットが無線でバルカン4とつながるところ。あと、もしかしたらちょっと狂ってきてる?と読みながら思ってたら、あとで「すこし狂ってる」とノートブックを読んだグラフによって言われるところで、なるほど、と安心した。一線を画す、細部、計画
[PR]
by 51bm | 2017-01-29 18:55 | diary | Comments(0)
ploi
10月22日
「スラムドッグ・ミリオネア」最後のクイズについてよくわかる解説お願いします。

10月29日
「カラー・オブ・ハート」めちゃくちゃ最高、よし、で音楽ランディ・ニューマン

11月3日
「過去のない男」あっさりだけど、いい

11月5日
ポン太みにいく。ともだちのあかちゃんかわいいという気持がじぶんにもある。LVDBでデュシャンのインタビューの本購入。「街のあかり」がんばれコイスティネン。

11月12日
チラシくばりツアー。てんしんくんの展示「虫のしらせ」はじまる。原田くんとてんしんくんのライブよかった。楽園ベイベーやってた。

11月13日
「トイ・ストーリー2」曲が流れるタイミングが完璧すぎて泣いた

11月19日
ダイナソーJrとダン・ペンのCD買った。「愛しのタチアナ」フィンランドとロシアの意識

11月20日
てんしんくんの展示もう1回行く。マッチョとクジラが一番好きだった。あと、クリアホルダーに入ってる今までのちいさい絵が好きだった。wassaさんの展示のときもそうだった。音楽でもデモみたいなやつが好きだから、絵もそうなのかもしれない。「浮き雲」鑑賞。カティ・オウティネンの顔はずっと見ていたい。

11月23日
江之子島に行った。バザー会場にかっこいいガラスがあって、誰も見てなかったけど、写真に撮った。ハンバーガーおいしかった。中央図書館でじゃりん子チエなどを借りた。

11月26日
サリンジャー「九つの物語」読み終わった。小説。山本ゆりが送ってくれた新しい本読む。夜、旧グッゲンハイム邸で黒岡まさひろさん、柴田聡子さん、イ・ランさんのライブをみた。みんなとてもよかったです。柴田さんの詩集買った。鼻の穴、ふさぐわけにはいかない

11月27日
「お熱いのがお好き」これがマリリン・モンロー、、輝いていた。ジャック・レモンも最高。何回もめちゃくちゃ笑いました。逃げて、追っ手が通り過ぎて…どうやって画面に戻ってくるか!!

  
[PR]
by 51bm | 2016-11-27 23:06 | diary | Comments(0)
agbd
10月8日
朝「サイコ」鑑賞。
午後、HOPKENでジョンのサンとスカートのライブ。ほんとうにどっちもよかった。「パイ投げ」が聴けてとてもうれしかった。アンコール、最後に「パイ投げ」みたいな曲があるところが1570個くらいあるジョンのサンの好きなところのひとつ。

10月9日
朝起きててんしんくんと別々の部屋に別れて個人練習。いっしょに昼ご飯を食べてからべつべつにライブハウスに向う。リハーサルやっぱりまったくやる気出なくて逃げたい気持になる。誰の為でもない音楽だってべつに悪くないと思うけど、実際には演奏したくないという気持になってしまう。てんしんくん&chuck sueでThe光や豆香やhitotoをあるいてまわる。本番はたのしかった!。前回よりは緊張しなかったけど、「落ち着いて」ということを自分に言い聞かせすぎたかもしれない。「このまま終われるかよ!」と思って本気出せたと思ったら終ってしまった。「いいバンド」「いい演奏」忘れたい。ぼくらはただバンドとして演奏したいだけのはず。てんしんくんのライブはほんとうによかった。「虫のしらせ」好きな曲です。

tuk tuk
メモ魔先生
新曲(When I was Youngではじまる歌)
新曲(カルシウム海岸)
新曲(若者)
おおディテール
ラトヨ

10月10日
てんしんくんと喫茶イノ
てんしんくんとランディ・ニューマンの話で盛り上がったので見たくなって「トイ・ストーリー」鑑賞。ランディ・ニューマンのセイル・アウェイの歌詞を読んでたらwogという単語が出てきて、土人と訳されていた。

10月15日
会社

10月16日
母、姉くる。ボブディランが1面の新聞もらう。図書館。「鳥」鑑賞

10月19日
yumboの新作「鬼火」聞く。「人々の傘」の歌詞すごい

10月20日
「フラニーとズーイ」読み終わる。一ヶ月かかった。だるいなあと思いながら読んでいたら最後の50ページで急に光が射してきてうおおおおおってなって終った。「フェイシズ」の若い男にだきつく太ったおばさんを当てはめた。


 
[PR]
by 51bm | 2016-10-21 23:26 | diary | Comments(0)
練習
9月4日
「恋人よ帰れ!わが胸に」鑑賞

9月11日
chuck sue練習

9月16日
「東京暮色」鑑賞

9月22日
「エイト・デイズ・ア・ウィーク」鑑賞。横の夫婦がしゃべっていて気になった。男性は眼が見えないようで女性が殆どの字幕を読み上げて説明していた。途中から男性のほうがかなり大きい声で、今まさに映画でやっているのに自分が知っているビートルズに関することをしゃべりはじめたので注意した。とてもいやな気分になった。どうすればよかったのかわからない。映画は、たぶん、よかった。ビートルズの4人がいっしょにいるところを見れるだけでうれしい。でも残念だった。映画館に置いてある看板が映画で主に描かれている時期とは関係のないアビイ・ロードだったことにさえもいらいらしてしまった。

9月24日
chuck sue練習。同じ建物の図書館による。ユパンキ、キンクス、エヴァリーブラザーズをレンタル。この日の練習はとてもたのしかった。なんでもいいからただ音を出すだけでいいという感じだった。ついにこの3人のサウンドを見つけたかもしれない、とちょっと思った。しかもそういう感覚を急につかんだのではなくて、ずっと3人であんまり盛り上がらないときもありつつ練習してきて、できるようになった、というのがぼくにとっては大事なことに思えた。啓くんがやめて3人になったときは、ほんとうにくにゃくにゃで、ぼくもぜんぜんいい曲が作れなくて、3年後にこんな演奏ができるとはまったく思えなかった。つづけてよかった。でもバンドにとって、みんなでなにか一つのものを見つけるということはいいことだけじゃないとも思う。まだまだなにもなしとげてないし(べつになしとげたくないけど)、やりたいことはあるので、とにかくつづけるしかない。

9月25日
アオツキ書房で稲田祭。雨にやられて電動自転車こわれた。

10月1日
Teenage Fanclub「ヒア」購入。サッカニーのスニーカー購入。これからは売ってるかぎりこの靴を買うことに決めたので楽です。「WALKABOUT 美しき冒険旅行」。おもしろかった。

10月2日
昼はやよい軒。図書館でまだ読めてない本延長してもらう。「フェイシズ」鑑賞。おもしろかった。
[PR]
by 51bm | 2016-10-03 22:53 | diary | Comments(0)