昨日・今日・明日
カテゴリ
information
profile
diary
song
works
contact
最新の記事
hksjo
at 2017-07-02 13:01
oooqqe
at 2017-05-28 18:34
HOPKENで井上智恵トリオと
at 2017-05-23 17:47
文房具を使って
at 2017-05-05 12:20
ffafa
at 2017-03-27 22:31
以前の記事
2017年 07月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
どれが春だったのか
3月16日
花粉症。
トマト鍋。
いっしょに働いている先輩にギターを教える。やはりバレエコードはむずかしい。
じぶんはもうギターを弾けないようには弾けないことがよくわかる。
(とくに惜しくはない)


3月17日
窯元さんのところへおじゃましてたこ焼きとお好み焼き。
食べてるあいだ、ラジオで河島英五さんの亡くなる直前のライブ音源がかかっていた。病と闘っている身体とはとうてい思えない、力強い声だった。
酔っぱらって、信楽のまちの細い道を歩いて帰る。食べきれなかった焼きそばを持っている。
とても寒かった。まだ春ではなかったかもしれない。


3月18日
今月いっぱいで信楽の部屋を引き払うので、つめるだけの荷物をつんで高槻に帰る。


3月19日
あたたかかった。おばあちゃんのところへ。いつもより目が動いていた。
それから電車に乗って奈良の三郷町へ曽我部恵一さんの歌を聴きに行った。
はやく着いてしまった。駄菓子屋さんでチョコバットを買った。公園のベンチに座り、食べながら持ってきた茨木のり子さんの詩集「見えない配達夫」を読む。「真夏の夜の夢」という詩がとてもいいと思った。曽我部さんにも同じタイトルの曲がある。(※曽我部さんの曲は「夏の夜の夢」でした。)「はじめての町」という詩もあった。三郷町にくるのははじめてだったので、じぶんの今の気持ちと重なるところがあるか、と考えながら読んだ。
e0186114_1220435.jpg

時間が来たので会場のカフェへ。
曽我部さんの歌、どの曲もよかったな。
これからどうなるかわからないけど、大丈夫なんだ、と思いました。
すばらしい夜でした。
[PR]
by 51bm | 2011-03-20 12:49 | diary | Comments(0)
3月6日
朝からチャックスの練習。なにをするか考えていなかったので、だらだらやってとても楽しかった。
たくりんはまた東京に行くことになったので、これからは3人でやっていくことになる。またいい曲を作っていいライブをしたい。
終わってから3人でうどんを食べた。
いったん家に戻って、阪急と地下鉄で社長室へ。浜谷俊輔さんの企画。
とてもすばらしい演奏だった。「歌ってる浜谷さん」と「曲を作った浜谷さん」と「ギターを弾いてる浜谷さん」によるバンドのようだ、と思った。
後ろ髪を引かれつつ途中で心斎橋に移動。(まったく同じコースの女性が2人いらっしゃったよう)
山下くんとSAKEROCKのライブを見た。前に見たときよりもさらにけったいなバンドになっておられてとてもステキでした。
終わってからラーメンを食べた。
信楽に戻る。


3月7日
よくおぼえていない


3月8日
よくおぼえていない


3月9日
よくおぼえていない


3月10日
信楽の図書館にはじめていった。茨木のり子さんの詩集を借りた。
喫茶店でカツカレーを食べた。待っているあいだには週刊プレイボーイを読んでいた。


3月11日
仕事をしているときに地震がきた。
ぼくの席のうしろにある機械がピーと音をたて「3」という数字が表示された。
陶芸の森の事務所でテレビを見て「あー、あー」とか言っていた。
風来坊でラーメン。
ラジオを聴きながら実家に帰った。安否確認の放送。


3月12日
ツイッターになにか書いたり消したりする。
おばあちゃんのとこに行った。
車で聴いたラジオでロキシーミュージックのかっこいい曲がかかって、少し気分が明るくなった。


3月13日
ずっとテレビとツイッターを見ていた。
一瞬だけ音楽チャンネルに変えたときに流れたR.E.M.の新曲がとてもよかった。
夕方、むりやりにテレビの前から自分を引きはがして自転車で西武に行った。
外はとてもあたたかった。春。ずっと小さい声で歌いながら自転車をこいだ。
西武ではなにも買わなかった。
帰りにリサイクルショップでトッドラングレンのレコードを買った。やはり315円だった。
茨城にいる友達の、電気が復旧したというツイートを見てとてもうれしかった。
また会って話せるときをたのしみにしていよう。

夜、信楽の部屋に戻る。インターネットもテレビもない。
なにか音楽が聴きたい。
タンジェリンドリームのファーストアルバムにした。
意味不明な音がひたすら続くレコード。言い方を変えれば、退屈なレコード。
地震のこと、とくに考え込んだりしているつもりはなかったけど、やっぱり考えてた。
意味不明であることがとてもやさしくて、それが今の自分にはありがたかった。
すぐに眠れた。

ぼくには被災地にいる方々がどのくらい辛いのかわからない。
じぶんになにができるのかわからない。というか、なにもできないと思う。
いい言葉も見つからない。
祈る、っていうのも自分が祈ってるのかどうかたしかめようがなくて、よくわからない。

でも、いつか、出番がくるんじゃないか、と思っています。
そのときは、全力でやろうと思います。よろしくお願いしますね。
今はただ生きていよう。できればたのしく。だって春だし。


3月14日
仕事が一段落ついた。
たのしみなこともひとつ決まった。


3月15日
たのしみなことは延期になった。
夜、部屋で「上を向いて歩こう」を10回くらいギター弾いて歌った。
でもたぶんコードまちがってる。
[PR]
by 51bm | 2011-03-15 17:59 | diary | Comments(2)
明日あたりはきっと春
2月28日
大塚美術館でアミノがバリューした。
帰りの車ラジオでポールマッカートニー&ウイングスの「バンドオンザラン」がかかって、とてもいい曲だなあと思った。


3月1日
産業展示館リニューアル工事
吉田くんがうちに泊まった。


3月2日
産業展示館リニューアル工事
終わってから回転寿司。


3月3日
免許の更新が完了。講義は退屈だった。部屋の奥の扉の上の「非常階段」という文字がとてもかっこよくてずっと見ていた。
西武でCDを買った。
実家に帰るとひな人形が出してあった。
夜はベルアンドセバスチャンのライブを見に行きました。とてもたのしかった。


3月4日
朝から信楽へ。
車ではあいかわらずceroばかり聴いている。
仕事が終わるのがちょっとだけ遅かったのでやめとこうかな、と思ったけど、やっぱり、と急いで大阪に帰って、映画kocoronoを見に行きました。めちゃくちゃ走って8時33分に映画館について、8時35分にはじまった。なんかこういうとき、間に合っちゃう。
何回も泣きそうになりました。やっぱりバンドってかっこいいなあ。ブッチャーズのライブまた見たいです。
帰りの電車でいっしょに見た北村くんのバンドの現状について事情聴取。


3月5日
起きてギターの練習をした。
夕方はサケロックのライブ、だと思ったらあしただった。
おばあちゃんに会いに行った。
車ではあいかわらずceroばかり聴いている。
リサイクルショップでレコードを買った。エルヴィス・コステロもピーター・ガブリエルもマイルス・デイヴィスも315円だった。
ひな人形はまだ出ている。
[PR]
by 51bm | 2011-03-06 00:09 | diary | Comments(0)