昨日・今日・明日
カテゴリ
information
profile
diary
song
works
contact
最新の記事
野郎 September L..
at 2017-09-29 22:12
hksjo
at 2017-07-02 13:01
oooqqe
at 2017-05-28 18:34
HOPKENで井上智恵トリオと
at 2017-05-23 17:47
文房具を使って
at 2017-05-05 12:20
以前の記事
2017年 09月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
『台湾のエルビス』
背中を丸めて国道沿いを歩いている
あれが台湾のエルビス
大事そうにかかえた木彫りのスローロリス
そのうしろを歩いているのが
台湾のエルビス
の子供の台湾のエルビス
親と同じ名前なのだ

そのまたうしろを歩いているのは
他人だがやはり
台湾のエルビス
とくに特徴はない
そのまたうしろを歩いているのは
台湾のエルビス
ではなく
台湾のエルビスです
です
文みたいな名前なのだ

台湾のエルビス と
台湾のエルビス と
台湾のエルビス と
台湾のエルビスです
が歩いている

ぼくは電車に乗って遊びに出かけた
夜帰ってきた
駅から歩く
コーラを飲んでちょっとだけ幸せになりつつ
国道の信号を待ってる
ふと京都方面に目をやると

台湾のエルビス
がひとりで
むこうから戻ってくるのが見えた

おお台湾のエルビス
[PR]
by 51bm | 2011-06-28 11:34 | song | Comments(0)
天才のカポタスト
6月22日
夜は能登川の絽絽の家でかえるさんのライブ。少し遅刻したけど、一番好きな「とんかつ岬」をはじめて聴けてよかった。お客としてこられていたびろうどねこさんが細馬さんのギターで一曲歌わはりました。とてもすばらしくて一瞬でファンになりました。特別な場面に立ち会っているような気がしました。CDとかないんですか?と訊いたら、録音中、とおっしゃってました。

なぜこんなに人と話すのがへたなのか、わからない。


6月23日
昼はひやむぎ
夜は王将

最近、いろんな人に自分の歌が入ったCDRを渡しているけど、今のところディス感想は聞いてないのでほっとしている。ありがとうございます。


6月24日
暑かった


6月25日
車の点検のためにディーラーへ。代車がかっこよすぎた。とても快適だったけど、ステレオの音は、いつもの車のほうが好きだった。CDの音ってカシャカシャしてる。

十三へ映画「庭にお願い」を観に行った。倉地久美夫さんの音楽は初めてだった。独特すぎてなにがどうなっているのかわからないけど、はっきり、くっきりしてる。それからインタビューの受け答えがとてもシンプルで、聞き手に考え込ませるようなことはおっしゃってなくて、すごいなと思いました。言葉のセンスがすごいとか、テクニックがすごいとか、そういう、「程度のすごさ」よりも、自分で改造したカポタストを同時に3つ使うところが天才なのかなと思いました。ライブも見たいです。

夜は啓くんとそのおともだちとビールを飲みました。なにが好きなの?、と訊かれて、女の子、と答えました。


6月26日
昼、バンドでスタジオ入り。新しい曲を何回もやる。チャックス初めてのインスト曲は「ハワイ」といいます。

かっこいい代車を返してから信楽に戻る。
夏に車で山下達郎を聴いたりして、もう大人なんだな
[PR]
by 51bm | 2011-06-27 17:32 | diary | Comments(2)
we're only in it for the money
6月18日
朝からチャックスの練習。ボンタンマシン(大学のときのバンド)の曲をやってみたら、ぜんぜん違う感じになっておもろかった。3・4・4・3・4・4というリズムのリフのあの曲です(知らないよね)。ずっとぐだぐだアレンジを悩んでいた曲もうまくいった。啓くんのベースはほんとうにすばらしいと思う。

夕方は軽音部室で打ち合わせ。自分はなにをすればいいのかわからなかったけど、少し役に立てそうでよかった。
二人でそれぞれに傘をさしながら行って、屋根があるところまで着いたら、一人がもう一本の傘を受け取って持って帰ってくることができる、ということは、今後の人生において役に立ちそうなので覚えておこう。

それから、蒼月書房へ平賀さち枝さんとEttの歌を聴きにいった。とてもすばらしかった。平賀さんの歌をもしYUIが聴いたら焦るんじゃないかな。
ライブが終わってから、ある人に「ミュージシャンですか?」と訊かれたので、持っていた自分の歌が入ったCD-Rを渡そうとしたら、お金をくれるという。びっくりしたが、シンプルにお金がほしかったので(千鳥の「シンプルにくさい」と同じシンプル)、いただくことにした。バイトとかの給料とはぜんぜんちがううれしさがあった。ほしかったCD-Rが売っていたので、もらったお金を財布にしまうことなくそれを買った。いつかは、もらったお金をしっかり財布の中にしまって、また別の日にお菓子を買ったりしたい。

とてもひどい雨だったのでコンビニで傘を買ったけど、マクドナルドにいる間にやんでしまった。でもまだちょっとは降ってる気がする、ていうかぜったい降ってる、雨に濡れるとわたしはおそろしい病気になるのだ、傘ってめっちゃおしゃれ…無理矢理に傘をさして帰った。

1日に3つも用事があって、いろんな人に会えて、とてもうれしかった。


6月19日
信楽に行って午後からshiroiro-ieの店番。
夜は文五郎倉庫でバーベキュー。10年ぶりくらいにぷよぷよをした。「だいへんしん」という知らないシステムが導入されていた。すぐに連鎖できる状態でたくさんぷよぷよが降ってくるのだ。真の実力で勝負しないと子供の教育にもよくないと思う。むかついた。


6月20日
#12をくりかえし聴いた。
[PR]
by 51bm | 2011-06-20 18:06 | diary | Comments(2)
myspace更新
myspaceの曲を大幅に入れ替えました。
よかったら聴いてください。

福西悟一のmyspace
[PR]
by 51bm | 2011-06-17 18:00 | information | Comments(0)
雨宿り
6月10日
奈良に行く。せんとくんはじっと雨を見つめていた。


6月11日
夜、部屋でMacBookに向かって弾き語り。9曲録音した。


6月12日
朝、1曲仕上げて、すぐ録音。高槻にもどる。
雨のなか、西九条FLOATで「雲に梯」。浜谷俊輔さんの企画。
浜谷さんの丁寧さが伝わってくる、とてもいいイベントだった。どの出演者もすばらしい演奏だった。「ゆすらご」のカレーとてもおいしかった。お店がオープンしたら食べに行きたい。
e0186114_1047364.jpg

6月13日
羅針盤「らご」を聴く。ある時期に特別にはまった覚えはないけど、いつも心のどこかにあるアルバム。


6月14日
おもしろいまんがが読みたかったので、漂流教室を読み返す。
仕事終わってから京都。鴨川の川床でご飯を食べた。暑くもなく、寒くもなく、とてもたのしかった。
e0186114_1047724.jpg
夕暮れ時に、もしこれが明け方だったら、と思うことがよくある。思えないときもあるけど、今は思える季節。


6月15日
漂流教室を読む。


6月16日
たまたま太陽の塔の貴重な資料を見せてもらったり、制作に携わった方から当時の話を聞く機会があった。“内輪向け”公式記録というような本があって、デザインがとてもかっこよかった。インクのにおいに目の奥がしびれるようだった。信楽で太陽の塔の過去の顔(黒い方)が完成したとき、太郎さんはビールを持ってこさせて過去の顔の口に注ぎ、そして、そこをいい感じに写真に撮らせたという、いい話を聞けた。大阪万博の開催当時の写真は、ぼくが知っているのどかな万博公園とはあまりにもかけ離れている。
夜は餃子、変更して、たこ焼き
[PR]
by 51bm | 2011-06-17 10:54 | diary | Comments(0)
『朝から雨』
朝から雨 
夢に雨がにじんで
もう読めない すぐあきらめて
冷蔵庫をあけている

電球がおれを見てる
まじめな顔で見てる
少しばかりの不安が隠された顔でおれを見てる

あなたが忘れた傘
ずっとそこにいた
どうかお前はあの人にとって大事な傘であってくれ

夜は音が大きくなる
朝になってもとにもどった
今日はなにがあるだろう

車は走る
雨の中を走る
昨日のことは忘れてしまえ
なかったことにはならないデモ
[PR]
by 51bm | 2011-06-13 01:06 | song | Comments(0)
pop band
5月28日
ギルスコットヘロンさんの訃報。「The Revolution Will Not Be Televised」、最高にかっこいい。昨年のアルバム「I'm New Here」は、よくわからないけどなんかこわい音楽だった。

山下くんとスプリングフィールズに遊びに行った。大阪城野外音楽堂。雨だった。細野さんの「はらいそ」や向井さんの「OMOIDE IN MY HEAD」が聴けてとてもうれしかった。

終わってからムジカジャポニカに行って井上智恵トリオのライブを見た。とても素晴らしかった。井上さんの音楽は、歌がないし、曲名も数字だけど、突然切ない気持ちになったりする。メロディや音が、性格や血液型や生年月日を持った生き物のような気がするときがある。演奏後に、井上さんと、見に来ていた鉄道広告社ビルの住人の方と、少しお話しさせてもらって、とてもたのしかった。トリオのアルバム、早く聴きたいです。

突き放す、という媚び方もあると思う。それが見えたとき、とてもつまらない気持ちになる。
自分にとってのポップスに忠実である人が好きだ。そして、そういう人の音楽はみんなのポップスになることがあると思う。


5月29日
雨。shiroiro-ieの店番


6月2日
夜、お好み焼き


6月3日
奈良の北葛城郡広陵町へ。Ponte de pie!という靴下屋さんに行った。よい靴下は、よい。


6月4日
朝、高槻へもどる。

おばあちゃんのところへ行って、帰りに味希亭といううどん屋による。小さいときに家族でよく来た店。もう何年ぶりかわからないくらいにひさしぶりだった。店はきれいに改装されていて、半分の大きさになっていた。こち亀はもう置いてない。だけど、ぞるそば定食の味は同じだった。母が、父のことをおばちゃんに話すと、おばちゃんは泣いてしまった。

阪急で京都。順調に予定していたCDやレコードを買えた。日本のインディーズの新譜ばかり(少し前のもあるけど)最近、自分の音楽の趣味がどんどん老けていくのを感じていたけど、そんなことないかもしれない。

それから梅田に移動。HEP FIVEで待ち合わせ&観覧車。自分には一生関係ないことだと思っていたけど、たのしかった。そのうちディズニーランドとかも行くかもしれない。はじめて行く店で食べたり飲んだりしたけど、とても料理がおいしかった。大学の友達が大阪にいるのはおもしろい。


6月5日
chucks、新ドラマーを迎えて初の4人練習。山下くんがギターとキーボードになったので、実質新メンバーが2人入ったようなもの。たのしかった。新曲のアレンジもした。みんなプレイヤーとして好きです。帰ってから、いろんなアイデアがわいてきた。早くライブがしたい。

思えばポップにきたもんだ。信楽にもどる。
[PR]
by 51bm | 2011-06-06 17:16 | diary | Comments(4)