昨日・今日・明日
カテゴリ
information
profile
diary
song
works
contact
最新の記事
野郎 September L..
at 2017-09-29 22:12
hksjo
at 2017-07-02 13:01
oooqqe
at 2017-05-28 18:34
HOPKENで井上智恵トリオと
at 2017-05-23 17:47
文房具を使って
at 2017-05-05 12:20
以前の記事
2017年 09月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2017年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧
複雑な神経
急須を買ってからお茶をたくさん飲むようになりました。

見た映画 「(500)日のサマー」最後のほうの別れのシーンでそれぞれのそれまでの考え方がすれちがうところがよかった。
「男はつらいよ フーテンの寅」
ヒロインの名前がサマーと夏子。

片岡義男「万年筆インク紙」読んでる。この本について、ペンをつかって紙に字を書く事について書かれた文章であると説明すると、その裏側に(コンピューターではない道具を使って)という意味を勝手に汲み取ってしまいそうになる、つまり道具や、手書きの文字に対する愛着について書かれた文章なのかと思いそうになるけど、そうではないようで、そういう角度でものを見たり書いたりしないところが、ぼくが片岡義男が好きな理由だと思う。

ヘミングウェイ「老人と海」読んだ。飲み屋の客引きを無視したくない。毎回すごく強引に声かけてくるのでおもしろくなってきてる。雨やんでるのわかってたけどそのまま傘さして歩いてみたら「言うとくけど雨やんでるで」と声をかけてきたので「ファッションです」と答えた。ちょっとだけ会話が成り立った。知らない人でも無視しないで会話することによってなにかが少しよくならないかな、と思うから無視しない。当然、「こっちから話しかける」という次のステップがある。とても高いステップだけど、確実に次、または次の次のステップとして「こっちから話しかける」が存在しているはず。…そんなことを言ってもぜったい飲みにいくのに3000円使いたくない、1円も使いたくない。じゃあ意味ない。なにも変らない。

2月12日
ゆすらごでライブ。他の4人のライブめっちゃよかった。できかけの、まったく練習してない曲をバスの中で完成させてやった。もっと練習していい曲を作りたい。帰りはゆすらごのふたりが京都駅まで車で送ってくれた。電車のなかで自分のエンターテイン反射神経のなさを反省した。

2月14日
風邪で仕事やすむ。熱があがった。「夫のちんぽが入らない」を読んだ。かつての教え子がきて合宿まで車で送るとこで涙がこぼれかけた。

2月15日
ポール・オースター「シティ・オヴ・グラス」読み終わった。ほんとうに足りないところがなにもない、よけいなものもなにもない、複雑なのにわかりやすくて、謎が多いのに爽快、こんな小説が、小説として存在していて、存在していることを知れて、読む事ができてうれしい気持になった。少し前にアオツキ書房で100円で買った。「幽霊たち」も買ってある。ドン・キホーテはスペイン村のキャラクターのイメージが強い。ドン・キホーテが複雑な構造であることはなんとなく知っていたけど、自分のなかでとても重要なことになった。ドン・キホーテは1605年に出版されたらしい。日本は江戸時代のはじめだ。そんな昔に書かれた話が、、最近1930年代の映画を見てるだけですごいことだなと思っていたのに。しかも、ドン・キホーテは騎士道小説の読みすぎという設定だから、さらに以前に読み過ぎることができるほどの数の騎士道小説が存在しているということになり、、、たいへんだ、歴史の線にはいろんなことが置かれまくっている

2月18日
天王寺から阪堺電軌にのって住之江区へ。浜谷俊輔さんのライブを観た。新しい曲がとてもよかった。浜谷さんの音楽が浜谷さんの音楽が好きだけどまだ知らない人にいつか届きますように。
原田くんと井手さんが自転車でうちにきた。KORGのリズムボックスで遊んだり屋上に上がったりした。自転車で3人でHOPKENへ。2人のライブめちゃくちゃよかった。1曲だけ、白い汽笛といっしょに「カステラ」の演奏に参加させてもらった。ほんとうにいい曲です。

2月19日
寺島さんと井手さんと原田くんとなんばでうどんを食べた。おいしかった。いつもなんばにいるときどこでご飯を食べたらいいかわからなくて困っていたけど、これからはうどんを食べる。
[PR]
by 51bm | 2017-02-19 19:31 | diary | Comments(0)